初級・中級者のためのテニスの情報

テニスやるからには、少なからずは上達したいものです。楽しめばいいとか、健康のためになどと思っていてもやはり負けず嫌いの気持ちが出てくるものです。

本サイトでは、テニスのレベルが初級から中級レベルの人で、上達に悩んでいる人に対してとても参考になる情報を紹介しています。

テニスの上達と言っても人それぞれ、テニススタイル、筋力の差、あるいは男女の違いなど、色々違いがあって、一律にこれと言えるものではありません。

従って、基本を知った上で、自分にあいそうなものをチョイスして試しながら上達を目指していきましょう。

今、プロのテニスのランキングは下記の様になっています。とくに、日本ランキングでは各都市を中心に趣味でプレイしている方もたくさんおられます。

あさdff



中級少し前から伸び悩んでいる方へ

私もそうですが、おそらく、下記の様な事で上達から伸び悩んでいると考えられます。

男性だとゆっくりつないでいると相手の強いストロークに振り回されて結果間に合わなくてしっかり打てなくて、さらに返すだけになり、撃ち込まれて負けてします。

女性の方だと両者同じようにゆっくりつなぎ合って結果どちらの体力が長続きするかというところで、決まってしまう。

まあ、中級前後の話ですけど、女性の方だともう少しだけ上のクラスでもあり得る話かもしれません。なので、上級者は、あまり参考にならないと思います。

私自身、現在、長い間、中級の下のレベルで伸び悩んでいるので正解かどうかは何とも言えませんが、中級の悩みは上級者にはわからないかもしれませんので、私と同じ様に延び悩んでいる方にはすごく参考になるのかもしれません。

まず、私の現状を言うと、強く打つとバックアウトするので、とは言っても緩い球を打つと逆襲にあい、強い球を打たれておしまい。

または、相手も緩い球でつないでくる場合は、体力負けだったり、正確性の差でこちらが勝手にミスしておじゃん、といったところです。

なので、緩い球を返したんじゃまずいと、強く打つ、でも強く打つとバックアウトするので、スピンをかけようとする。

スピンのかけ方が問題でうまくないので、さらにスピンをかけようと頑張るが、そうするとスピンをかけようとすればするほどスピードが上がらずに結果、球が遅くて撃ち込まれる、まともに習得したスピンでない、自己流のスピンが故に正確性もかけるので、安定しない。

そこで、インターネットで色々と調べてみることにしました。

 

同じ様な悩みを持った方、初心者の方にも役立つかと思います。

 

テニスの上達には、下記に挙げる項目について理解し、コツをつかむことが大切になりますので、情報を発信していきます。

 

各打ち方について

1.フォアハンドストロークについて

フラットショットの打ち方

打点とテイクバックは高めの位置

フラットショットは平行したスイングで打ち、平行に打つことにより、スピンの回転量を抑えます。

テイクバックは、腕を大きく引くのではなく、ボールの高さ(もしくは肩の高さ)に合わせて肩を大きく引くようにし、この時合わせて体幹(体全体)もひねることにより推進力を増します。

インパクトは芯(スイートスポット)でとらえることで、ボールが最もよく飛び、うまく当たると、インパクト時の衝撃はかなり軽減しますのでとても楽に打てます。

初心者の方は最初は丁寧に打っていき、インパクトの後に、ボール2~3個分押し出すイメージで打つといいです。

上級者の方は、このスイートスポットに当て、さらに弾くようにボールを飛ばしましょう!

スピンをかけないので、ラケット面に多く触れさせる必要はなく、ボールの長さとコースにより調整しながら、強く弾き飛ばします。

体幹がぐらつかないよう、フォロースルーの後の体勢に注意が必要で、ミスが続くときは、ラケットの面と体のブレを見直します。

 

トップスピンの打ち方

トップスピンに適したグリップの握り方として、グリップは厚めに握った方がボールに負け難くて回転がかけやすいので、セミウエスタン〜ウエスタンがお勧めです。

威力のある伸びのある生きたトップスピンを打つには、ボールを厚く捉えることが重要です。

トップスピンの回転をかける時、球をこすりあげればいいということで、ラケット面を伏せてボールの上付近を撫でるように打とうとしてしまうことをしがちですが、この場合、当たりが薄くなってしまい、球の威力が落ちてしまいます。

・ラケットをボールの下へセットする
   ↓
・ラケットを斜め上に少しフラット気味に放り投げるイメージで振る
   ↓
・球にあたった瞬間ころから球を厚くこすりあげながらワイパースイング
   ↓
・ラケットは刀をさやへしまうようにフィニッシュは腰の位置近くへ(無理に腰までいかなくてもよくそういう気持ちで)

 

2.バックハンドストロークについて

片手打ちバックハンドストロークについて

片手バックハンドの握り方、お勧めは?

昔の人のグリップの握り方は、コンチネンタルグリップでフラット気味のスイングをしていましたが、今では、ラケットの性能も進化し、トップスピンストロークにはあまり合っていないかもしれません。

ということで、おすすめの片手バックハンドのグリップは、ドセミウエスタンになります。
フォrハンドで言うセミウェスタンと同じ手のひら側で押し込める的に近い握り方です。

片手バックハンドのフットワークで、特に注意すべき点は、必ずクローズドスタンス、右足を軸にして打つ事です。

片手バックハンドでトップスピンを掛けて安定させたい!
最初は縦に振り上げてトップスピンを意識しよう!
片手バックハンドで犯しやすい失敗としてはラケットを横振りに振ってしまうことです。
横振りのスイングはスイングスピードを上げる為には向いていますが、トップスピンが上手く掛けることができず、安定ししません。

じめは、ゆったりとしたスイングで良く、トップスピンを沢山掛ける必要がないので少しだけ、ボールを下から上に擦り上げてふることです。

片手バックハンドの苦手意識を克服するためには上記のことでまずは、安定したストロークを身につけることです。

トップスピンを掛けるために必要な前腕の動き!
下から上のスイングである程度安定してボールが入るようになったら、前腕の動きを少しプラスしてトップスピンを多くかける練習します。
この動きをマスターするとトップスピン量が増えるのでボールが安定して、かつ伸びのあるボールが打てるようになります。

・片手バックはグリップが重要、現代テニスでは、セミウエスタンが基本。
・打点をしっかり前に取ることを常に意識することが基本。
・基本は、クローズドスタンスで打つことが基本。
✓最初は下から上に振り上げてトップスピンを掛けることを意識、慣れてきたら前で時計回りに腕を回転させる。

両手打ちバックハンドストロークについて

テニスのバックハンドが安定する打ち方のコツとは?【両手打ち編】
テニスのストロークで、両手バックハンドが安定しないという悩みを持った方は非常に多いと思います。
ずっと、片手打ちバックハンドをしていたが、やはり上達が難しく、ゆるボールでつないだり、ミスしたり、スライスで逃げたりで、相手に攻められて負けるといったパターンがあり、苦手意識を持って、試合に勝てないといった悩みです。
両手バックハンドは、コツを知ることで比較的安定するショットへと生まれ変わります。
苦手意識が強いバックハンドですが、試合で自信をもって安定させるための打ち方のコツを紹介します。

私も長い間、バックハンドは片手内でしたが、普通に使っていても苦手意識もあって、総打数も極端に減りますから、さして上達もせず、ミスも多いのでそこを突かれて敗戦のパターンでした。
現代では、両手バックハンドが主流となっていますが、テニス初心者にとっては苦手意識の強いショットです。
そこで、私も両手牛バックハンドに変更しています。
ところが、両手打ちバックハンドにしたから片手より簡単にうまく打てるというものではありません。
感じることは、両手の場合、うまく上達するとボールに対する力が伝えやすいかなとは思います、反面身体から遠い球は追っかけるのが少し辛くはなります。
片手バックハンドから両手に、または初心者の方に、ダブルバックハンドが得意なショットになるためのコツやスイングなどを紹介します。

テニスの両手バックハンドが安定しない理由

ボールが飛ばない、ラケットのスイートスポットにボールが安定して当たらない、こんな悩みをお持ちの方は、下記のことを確認してください。

手でボールを打とうとしてしまっていて、手打ちスイングになっていることやグリップの握りや腕の形による両腕の力配分が均等になっていなかったり、ラケット面が打球方向を向かずにかぶさってしまっているなどが考えられます。
また、スタンスの取り方が、踏み込み足が打球方向ではなく、クロスに踏み込んでしまうと、体が回らず手打ちスイングになってしまいます。
打球方向へ踏み出せないことが原因で、テークバック時にラケットを後ろに引いてしまい、後ろ重心になってしまうことによってもボールに威力が伝わっていないことになります。

3.ボレーについて

記事作成中

4.スマッシュについて

記事作成中

5.サーブについて

記事作成中

 

また、その他の基本として

1.ラケットの選び方について

記事作成中

2.グリップの握り方について

記事作成中

3.筋トレについて

記事作成中

4.ひざ・ひじ・手首その他のトラブル時のてあてについて

記事作成中

 


 

■世界ランキング(シングルス)
  ・男子   ・女子

■日本ランキング(シングルス)
  ・男子   ・女子

更新日:

Copyright© JTCテニスサークル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.