硬式 テニス スマッシュの基本とコツ

テニス~スマッシュは、サーブの打ち方と同じか?

投稿日:

テニス スマッシュとサーブの違い

テニス~スマッシュは、サーブの打ち方は同じかどうかというと、上から落下してくるボールをコートに叩き込むということそのものは同じということになります。
従って、振り込んだ時の感覚は同じです。
ただ、サーブは、ボールがほぼ予定の位置に落下してくるし、回転もかかっていませんし、そのかわり叩き込む場所は、同じコートですが少し小さめの相手のサービスコートに入れなければなりません。
これに対して、スマッシュは、回転もかかっている時もありますし、落下してくる位置も自分の体を移動しなければならないので色々と調整をする必要はありますが、ボールを叩き込む場所は相手のコートのどこでも良いということになります。

一般的には、サーブのうまい人は、比較的スマッシュもうまいということがいえるのではないかと思います。

スマッシュは、相手のコートへラケットを振り下ろしてボールを叩きつける非常に攻撃的なショットで、ボールを頭よりも高い位置でラケットで捕らえる為、スマッシュが正確に打てるとほとんどの場合がポイントになります。
スマッシュが上手いというだけで、安易にロブなどを打たれないので相手にプレッシャーを与えることも出来ます。



①スマッシュ
ラケットを右肩に担ぎ、ボールの落下地点に性格に入る

スマッシュ

体の軸を垂直に保ったまま、体重移動を使って力強く打ち込む、スマッシュの狙いはサービスライン付近。
グリップはコンチネンタルが頭上でスナップを利かせやすく力強いショットが打ち込める。
・ロブが上がったら、すぐに右肩にラケットを担ぐ。
・左手を上げて、ボールとの距離を測る。
・クロスステップですばやく移動し、小刻みなフットワークでリズムをとる。

・右足に体重をあずけて、タメを作りパワーを蓄える。
・タイミングを合わせてスイングを開始。
・なるべく高いところから、リストを返してしっかりとたたき落とす。
・ラケットで打った直後止めず、最後まで振り切る。




参考文献: DVDでさらに上達テニスレベルアップマスター(新星出版社)、ぐんぐんうまくなる硬式テニス硬式テニス(ベースボールマガジン社)、実践に強くなるテニス上達ブック(成美堂出版)、テニス最先端の練習方法(東邦出版)ダブルステニス超攻撃バックハンド(池田書店)

Copyright© JTCテニスサークル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.