硬式 テニス ストロークの基本とコツ

テニスのストロークを動画で学ぶ

更新日:

テニスでストロークについて動画で説明しています。

フラット

 
テニスを習い始めは、とにかくラケットにボールを当てて返すことが大切です。
 
そして、テニスの基本であるストロークが続けられるように、ラケット面をフラットにきれいに作って身体全体で押してボールをコントロールすることを習得します。
 
体幹と腕の動きを一体化させて、山なりの軌道でコントロールしていくので、身体をゆっくり大きく動かしてボールを飛ばすことをマスターできます。
 
しかしながら、このショットは少しフラットのスイングに慣れてきて力が入れられる様になってくると、力を入れたり、ラケットを振り回しすぎてしまうとアウトします。
 
従って、強いスイングをしてもボールをコートに入れるために、回転系のショットを覚える必要がでてくるのです。
 
 
 

トップスピン

 
回転系をマスターすることで、ボールを下方向に曲げて(ドライブをかける)軌道と長さを速いスイングで調節できるようになるります。
 
現代テニスの主流のストロークです。
 
ボールに縦の回転をかける事によってショットに安定性を持たせます。
 
弾道としてはネットの上を高く通り、相手のコートで急激に落ちてバウンドします。
 
ネットの上を高く通しても相手のコートに急激に落ちてバウンドするので、決め球にも、つなぎ球としても使える優れたショットです。
 
ちなみに、トップスピンの究極系がエッグボールといわれ、強烈なボールの回転量を持ちながら、なおかつボールのスピードは速く、相手のベースライン手前で急激に落ちてかなり高くバウンドするボールです。
 
このボールは体感すればわかりますが、物凄く重い上に打ちにくいです。
 
このエッグボールを習得するには物凄く練習が必要ですが、打てたらかなり有利です。
 
 
 

フラットドライブ

 
フラットの打ち方をマスターし、トップスピンの打ち方もマスターした人が、もっと強い球を打ちたいと考えた人がマスターしたいうち方のひとつです。
 
回転系のスイングをマスターしていれば、試合を運ぶことはできますが、それらのボールスピードは遅いので、シングルスでチャンスボールを叩き込んだり、ダブルスで相手から緩いボールを引き出すときには、回転を抑えたショットが必要です。
 
それが「フラットドライブ」です。
 
このフラットの感覚は、押して運ぶとか、ボールをつぶすというのではなく、弾き飛ばすというイメージです。昔はしっかり腰を落としてぶつかっていかなければ、ボールの勢いに負けてしまいましたが、最近はラケットの反発が良くなっているので、ステップに合わせ、速いタイミングで引っぱたいていけるのです。
 
もちろん多少の回転はかかっていますが、低い弾道で突き刺さるので、相手から時間的余裕を奪えます。
 
 
 

フラットドライブの動画

参考動画2

参考動画3

参考動画4

参考動画5

参考動画6

参考動画7

参考動画8

参考動画9

参考動画10

参考動画11

参考動画11

参考動画11

Copyright© JTCテニスサークル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.