硬式テニス ボレーの基本とコツ

テニス ボレーのコツ|手ではなく、体を持っていく

更新日:

ボレー~テニス|打ち方のコツ

ボレーの呼び方は、ボールの高さによって、ハイボレー・ミドルボレー・ローボレーと呼びます。ボールの打ち方によって、ストロークのようにラケットをスイングしてボールに順回転を与えるボレーのことを「ドライブボレー」、軽く短く落とすことを「ドロップボレー」と呼びます。




①ボレー
ラケットは振らないように、足を使ってボールを運ぶ
ボレー
グリップはコンチネンタルであれば、フォア、バック両サイドに対応できる。
力を加えやすい斜め前でインパクトする。
ボレーの深さやスピードは、足の運びでコントロールする。
ボレーを打とうとするときに、顔をラケットに近付け、ラケットと目線の高さを揃える感じで、そのまま顔とラケットが近いままボレーするといいです。
・飛んでくるボールよりも上にラケットをセットする。
・へその方にラケットを引きながら、体の右斜め前でギュッとグリップを握り込みインパクト。
・ラケットの面の角度を最後まで変えないように保つ。

Copyright© JTCテニスサークル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.